※ ( )の文字は表示しない。      動的ページ
(8. ファンドレイジング wix:fundraising)

読売巨人軍・炭谷銀仁朗:2019年も難病の子どもを支援!賛同者に直筆サイン入ベースボールカードを!

  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube

2019シーズンも昨シーズンに引き続き「公式戦で先発キャッチャーとして出場した試合でチームが勝利を挙げる」ごとに一万円を寄付いたします。また今季からは「安打数×一万円」の寄付も加えさせていただくこととしました。2015シーズンより難病を患う子どもとそのご家族全員の支援活動を開始しました。今年で5年目の取組となりますが、毎回皆さまから熱い応援メッセージをいただなくなど、僕自身も力をいただいています。

また僕は今年から巨人軍の一員となりました。自身のさらなる活躍がより多くの方への支援に繋がることを大きなモチベーションにして頑張っていきたいと思います。この活動にご賛同いただけるファンの皆さま、僕と一緒に支援していただけると嬉しいです。

※「直筆サイン入ベースボールカード」のプレゼントは200名に達したため終了いたしました。
皆様からの温かいご支援に感謝いたします。引き続きどうぞよろしくお願いいたします。


今回こちらのページより支援された方先着200名様に【直筆サイン入りベースボールカード】をプレゼントいたします。(ベースボールカードの発送は4月中旬以降を予定しております)【直筆サイン入りベースボールカード】は、支援先の「公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を」事務局からのお届けとなります。その際、送付先情報等が必要となるため、支援お申し込み時に次のお手続きを必ずお願いいたします。

 

支援ぺージより「領収書情報:希望する」とし、送付先情報を入力してください。確認が取れない場合は無効となりますので、必ず入力をお願いいたします。

 

※お一人様一枚までとさせていただき、同じ方に複数お渡しすることはできませんのでご了承ください。

1987年7月19日京都府生まれ。2006年に高校ドラフト1巡目で西武ライオンズへ入団。入団1年目から一軍開幕戦スタメンデビュー。2009年、2017年に最優秀バッテリー賞、2012年、2015年にゴールデングラブ賞を受賞。2013年、2017年にWBC日本代表、2015年にWBSCプレミア12の日本代表に選出。2017年12月から日本プロ野球選手会会長に就任。2018年オフにFA権を行使して読売巨人軍へ移籍.

支援先団体:公益社団法人 難病の子どもとその家族へ夢を からのメッセージ】

 

皆さん、今シーズンも多くのご支援、本当にありがとうございます!

お預かりしましたご支援は、難病を患う子どもとその家族全員を、もっともっと笑顔にする活動に使わせていただきます。

難病を患う子どもとその家族は、日々、難病と向き合っています。

難病は、“原因”が判らず、その“対処方法”が不明な病気であり、高度医療を誇る日本に於いても、まだまだたくさんの難病があります。

そのような難病に向き合っている子どもとその家族全員を、どうぞ皆さまからも、引き続き温かい手を差し伸べていただきたいと願っております。

引き続きのご支援をお願いいたします。

皆さん、今シーズンも盛り上がっていきましょう!!

[フレームワーク提供者]
logo_ngMAT_2020-2B.png
© Public Resource Foundation. All Rights Reserved.